都内の住宅施工は株式会社セレクトへ

施工実績
在来工法
在来
在来工法  

木の特性を十分に生かし、高温多湿な日本の気候風土に合った、日本人には昔からおなじみの工法です。上からかかる建物の重さを柱と梁など「縦・横の木の軸」」で支え、地震の横揺れや風のように横から加わる力には、筋かいという「斜めの軸」で抵抗するようになっています。

また、増改築時の間取りの変更が容易に出来るのも、この工法の特長です。

中間検査  
在来

当社ではお客様に安心してお買い上げいただく為に、主要構造部の全部または一部が木造で地階を除く階数が三以上の物件に中間検査をしております。中間検査とは工事中の建築物等が建築基準法関係規定に適合しているかどうかを検査するものです。

2×4工法
ツーバイフォー
2×4工法  
北米で生まれ、日本で一般的に採用されるようになってから20年になります。木造軸組工法が躯体を柱や梁で支えるのに対し、2×4工法では床・壁・天井といった「パネル」で建物を支えます。材料と施工方法がマニュアル化されており、出来映えにパラツキが生じにくく、地震や台風などにも強い工法です。
検査の流れ  
ツーバイフォー
中間検査の大きな趣旨として、完成後には見えない部分の、特に構造部の検査というのがあります。これは完成後には見えなくなってしまう部分を審査係(役所員)立ち会いのもとで検査する事により手抜きや不正な工事を監視し、お客様に安心してお買い上げ頂けるためのものです。そのため、根切りから始まり基礎の配筋、仕口金物取り付け、筋交いといった構造に関わる工程の際には必ず検査が入ります。本検査は屋根工事終了後に行われ、その際審査係にコンクリート圧縮強度試験結果、ミルシート、工事写真等を工事管理報告書に添えて提出します。
HOME会社案内2×4・在来工法K型工法・リノベーションお問い合わせ
CopyRight Select.co AllRight Reserved